2017-08-17 13:40:05 0
髪の水分バランス
こんにちはSalonrRyuの大久保結生です!
 
東京では40年ぶりの16日間連続の雨ですね!
 
9月下旬並みの気温で過ごしやすい日々が続いていますが皆さん体調は大丈夫ですか?
 
そんな雨って湿気が多くて
髪もペタンコにすぐ乱れてしまいますよね(T . T)
 
湿気が多いと髪にどんな影響を与えているかわかりますか?
 
 
 一般的に健康な乾いた髪の水分量は11~14%程度と言われていますが、シャンプー等で濡らした場合は35%程度まで増加するほど、髪は水分を吸収しやすい。雨が降ると必要以上の水分が潜り込むため髪の広がりや膨張が起き、まとまりのない状態に陥ってしまいます!
 
 また、もともと日本人の7割はくせ毛と言われていますが、くせ毛は1本の髪でも「水分が溜まりやすい部分」や「乾燥しやすい部分」ができるなど、内部で保持する水分量が均一ではない。雨の日に湿気が髪内部に入り込む際も同様で、この“水分保持量の違い”がうねりを引き起こすと言われている。傷みの度合い等によって水分量に違いが出るダメージヘアも同様で、こうしてできたうねりや広がりが、毛先のまとまりを悪くしたり、切れ毛や浮き毛を目立たせる要因になっています。
 
 「髪内部の水分を適量にすること」が対策法のひとつですが、外出時にドライヤーを持ち歩くわけにもいかないですよね。もっとも手軽なのはヘアオイルやワックスなどを使い、内部に余分な水分が入り込まないよう髪を保護すること。お客様の髪質、状態でおすすめのヘアオイル、セット剤をご紹介させて頂きます。また、髪の根元付近をしっかり乾かすことも大切です。とはいえ雨の日に膨張やうねりが始まったら抑え込むのは大変で、髪質やダメージ度合いによってクセの出方も異なります。
SalonRyuご来店時に相談して膨張してもキマるヘアスタイルにしたり、いざという時のアレンジ法など聞くなどお気軽にご相談下さい^ ^
そういったお客様の声をお待ちしておりますm(_ _)m
 
 
 
 
 
もし、聞きたい事や次のブログなどの
リクエストなどがございましたら教えて下さいね\(^^)/
できるだけみんなの知りたいことなど
お答えできたらなと思います^ ^
コメント&いいね、頂けたら嬉しいです。
 
いつも読んで頂きありがとうございます
 
明日もお楽しみに〜

1